おっぱいおっぱいの交通事故って誰かが言ってたな。良い表現だと思うwww
しかし! 今日に間に合わせようと勢いで描き始めたら、結構時間がかかってしまった罠。 そのうち、ちゃんと仕上げたいと思います。

さて、ちょっと追記です。
しかも真面目な話です。
最近のエロマンガに対する社会の動きに、本当に頭に来てます。
まぁ確かに、割とアングラな仕事ですが、なんか目の敵にされてる様なきがするんですよね? 僕らは「表現の自由」と言う盾を構えて仕事してますが、それは守られて当然だと思うのです。出版に関しては編集、出版社の方に任せてますし、当然「成年コミック」ですから、未成年が見る事は無いという大前提があって、何も悪い事はしていません。
ですが、松文館の判決も納得できないし、もっと僕ら寄りの事だと、児童ポルノのこの記事とかホントに「なんか間違った論点じゃね?」とか思うのですよ... 人間、ご飯を食べれば糞を垂れます。糞が汚いからって、尻穴に栓をして糞を出さない様にするなんて無理な訳で、するからには便器にウンコしてちゃんと流す。これでいいんじゃないでしょうか?
加えて、今日の京都のこのニュース.... もうね、有害図書指定とか、正気の沙汰じゃないですよ。 先にも言った様に、描く側、刷る側はルールが守られていると言うのを信じて造ってるんですよ、それを未成年の目に止まる場所、見れる場所に置いておく、もっと悪いと未成年に販売もしている書店もあるんですよ? 問題があるのはそう言った書店側であって、生産もとを締め出そうとする規制は確実に間違っています。
交通事故が起きるからと言って車の販売を規制しますか?
暴行事件が増えるからと言って、格闘技の放送を規制しますか?
殺傷事件が起きるからと言って、一般刃物の販売を規制しますか?(ナイフなんかは規制入ってますけど。)

なんかね、エロ方向だけ、生産者側がに厳しく社会が動いてる様な気がします。
そんな僕らはウンコ並みに汚らしい存在なんでしょうか? 生き物が生きて行く上で、性行為は不可欠な行為な筈です。
ルールを守って造ってる人、ルールを守って読んでる見てる人、もっと声を大にして抗議するべきです。

僕は断固、表現の自由をルールの範囲で貫きますよ。

僕が出来る事は、こんな風にBlogで意見を描く事と、仕事で描き続ける事ぐらいしか、思いつきませんが、小さくても、大きくても、力のある方が味方になってくれたら嬉しいです。



文面がよろしくないのは、朝木の文才の無さだと思って許してくださいな。