5565d13a.jpgうちのケィ君です。 ショートノーズのハズですが、スポの血が混じってる感じで、スポットが消えないですよ... でも、何でも食べてスクスク大きくなってくれてるので、とっても可愛いです。 先日他界したアルエ君は大型魚が得意な店で「中南米のブリードだから純血(ショートノーズ)だよ」との店主のお言葉を信じて買って来た子なのでショックなのですよ... とほ。 かといって今から稚魚を育てるにも、もう育成水槽を立ち上げる余裕はないので、120に放り込むしかないのですが、10cm未満の稚魚なんか ケィやニコルの餌です! 15cmのネギトロですらカジられるんだから。
で、大きな水槽を買ったので気も大きくなってるせいか、マンファリって飼えるかなぁ?なんて調べてみたら...全然無理でしたw どのサイトみても軽く7〜80cmあります... テラ無理ぽw
やっぱ 古代魚に興味をもった当初の飼育ポリシー「少数をゆったりと。」を守ろうと思う... ので、アルエが死んじゃったのは残念だけど、もう魚は増やさずにケィ、ニコル、ネギトロの3匹を大事に飼って行きます。
ゆったり泳ぐケィやニコルみてると大きい水槽買ってよかったぁー なんてニンマリしちゃいますねw

でもちょっと帯有りにしたのは失敗.... 手前のニコルが背びれしか見えない!まいった! けど、底板はマットブラックなので、砂利引かなくても光の反射無くていい感じ。